失敗続きで辛い!社内恋愛が実らない理由はあなたにある?

スポンサーリンク

社内恋愛といえば恋愛&寿退社という恋愛の中でも王道のパターンです。

 

一緒に仕事をする機会が多いと、相手の人と成りや大体の収入などもわかるので、結婚に踏み切りやすい、休憩時間の雑談や飲み会などで、親しくなる機会も多いので、カップルが生まれやすいというのもメリットなのだと思います。

 

ところが、いつもそばにいるということは、相手の欠点もよく見えくるので「うわ、こんな子だったんだ」とドン引きされてしまい、あっという間に恋愛対象外なんてことも・・・

 

そんなことにならないように、男性社員が恋愛対象外に選んでしまう女の特徴をアドバイスします。

 

飲み会でいつもベロベロに酔っ払ってしまう女性

お酒というのは人の本性はつい出てしまうので、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまい、いつもベロベロに酔っ払ってしまう人は、彼女にしたら同僚に同情されたり冷やかされるなど、不愉快な思いをするかもしれませんので、彼女にはしてもらえないかもしれません。

 

 

会社のデスクがいつも散らかっている

職場のデスクというのは、自分の領域ですので普段の生活がモロに出てしまいます。

 

散らかしている人は、何がどこにあるかは自分だけは知っているので、別にいいやと思うかもしれませんが、そういった所に実生活が出てしまうので、気をつけた方がいいのかもしれませんね。

 

 

男性よりバリバリ仕事ができ、年収が高い

男性はプライドが高いので、自分の年収が好きな人の年収より高い・自分より出生しているなど、立場が自分より上な場合、かなり気にしますし引け目を感じてしまいます。

 

そういった場合には、自分の弱さを見せたりON・OFFでは違う表情を見せるなどのギャップを見せると良いかもしれません。

 

 

社内いじめの首謀者であり、いつも女王様のように振舞っている

社会に出てもいじめというのはあるものですが、自分の気に入らない人をいじめたりからかったりと、やりたい放題の女性は男性から敬遠されます。嫌われ者と付き合うと、いつ自分に火の粉がかかるわからないので、付き合うどころか仲良くもなってくれないでしょう。

 

 

社内で何かあるとすぐにいいいふらす

野次馬根性丸出しで「○○さんと☆☆さんが別れたらしいよ」など、ワイドショーのように言いふらしたり、仕事の失敗を触れ回る女性は嫌われますし、もし付き合ったら「私、○○君と付き合っているの〜」と言いふらされると考えると、どれだけわかいくてもなかなか恋愛対象としては見てくれないでしょう。

 

 

仕事に真剣味がなく、いつも失敗ばかりしている

仕事に真剣味がなく、怒られてもしらっとしている人は社内では歓迎されませんし、失敗しても懸命に仕事をしている人の方が好感が持てます。

 

 

 

おわりに

社内恋愛は恋愛を経て結婚までいく人が多いのを見ても判るように、真剣な恋愛を望む人が多数を占めています。

 

社内恋愛にはさまざまなリスクがありますので、そのリスクを乗り越えてまで付き合いたいと思わせるような女性になれるよう、自分を磨き振り向いてもらいましょう♪

スポンサーリンク