好きな人、片思い相手の男性へのメールでアプローチ

スポンサーリンク

 

片想いの相手にアプローチするとき、重要になってくるのは日々の連絡です。
アプローチとしてメールを活用しているという人も少なくはないでしょう。

 

しかし、どんなメールを送れば良いのか、そしてどれくらいの頻度で送ればよいのかというのはなかなか難しいものです。

 

ただ話したいからという理由で毎日何通もメールを送れば失敗してしまうかもしれませんし、かと言って全く連絡しなければアプローチにはなりません。

 

片想いの相手のタイプを見極め、その人に合ったメールを送りましょう。

 

連絡がマメなタイプ向き

まず、片想いの相手がマメでメール好きなタイプの場合です。
この場合はメールも送りやすく、かつ話も続きやすいでしょう。

 

毎日こちら側からメールを送っても、相手も楽しく返してくれるのならば、比較的簡単にアプローチできます。

 

話の内容も、たわいもない日々の出来事で十分です。
相手としっかりコミュニケーションを取って、徐々に距離を縮めていきましょう。

 

ただし、毎日メールをしているからと言って手抜きをするのはいけません。

 

相手がメール好きならば、手抜きになったメールをすぐに見抜いてしまうでしょう。
メール好きな人は、メールの相手のタイプに合わせたメールをしようとします。

 

絵文字の多い人には絵文字を使い、全く絵文字のない人には使わないように文体を合わせることも多いです。

 

あなたが手を抜いてしまえば、相手も手抜きになったり返信をやめたりということになります。

 

逆に片想いの気持ちが伝わるような感じの愛想の良いメールを送り続けていれば、相手もあなたの気持ちに気がついて意識してくれることも多いでしょう。

 

 

メールが苦手な相手には

では、片想いの相手がメール嫌いなタイプの場合はどうでしょうか。
このタイプの場合は、メールをしすぎないように気をつける必要があります。

 

メールをあまりしない人は「メールは必要なときだけの連絡手段」と考えており、用事のあるときにしかメールをしないという人がほとんどです。

 

何でもないようなメールを続けていれば、返信を面倒くさがられてしまうでしょう。

 

そのため、何か用事があるときにメールを送ることになります。

 

仕事のことで聞きたいことや何かのイベントの打ち合わせなど、「必要なメール」を送ってください。
もちろん、嘘をつくのはNGです。

 

疑問形で返事を誘う

このメールは疑問形で送ると相手も返信しやすくてよいでしょう。

 

返事が返ってきて何通かやり取りし、問題が解決したら「分かった、ありがとう。おやすみ!」などとすぐに切り上げてください。

 

一度連絡を取れたからと言って、長々と送り続けてしまっては相手も返信に疲れてしまいます。

 

連日メールするのもなるべく避けましょう。
適度な間隔をあけ、時間帯もばらばらにします。

 

夜ならば「夜遅くにごめん」など、ちょっとしたフリートークもできるでしょう。
相手の生活リズムも少し掴めるかもしれません。

 

メールが好きという相手の場合でも、メールしにくいときや最初から雑談メールを送るのは難しいというときは「用件メール」から入ると良いでしょう。

 

「質問があって…」と送り、返事が返ってきたら少し話を広げていきます。
最初の1通をクリアしてしまえば、続けてメールを送るのは楽になるはずです。

 

「片想いの相手と話したいけど、この段階で好きな気持ちがバレるのは恥ずかしい」という人は大体「用件メール」を使っています。

 

少しずつ距離を縮め、相手に好意があるというような雰囲気を伝えることができます。

 

 

相手がメール好き・嫌いどちらのタイプであっても、返信を強要したり常識外の時間に送ったりするのは避けてください。

 

面倒くさい、邪魔だ、と思われてしまっては恋愛に発展しにくくなります。

 

あなたのメールが相手の負担にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧