友達への片想い

スポンサーリンク

ずっと友達として付き合ってきたのに、気がついたら好きになっていたなんてことはないでしょうか。

 

友達への片想いというのは、周りから見ると「元々仲が良いから簡単だ」と思いがちですが、実は難しいものです。

 

ずっと友達だったからこそ、想いが伝えにくく、もやもやします。
もし告白がうまくいかなければ、友達という関係も崩れてしまう可能性もあります。

 

今の関係が崩れるくらいなら…という理由で、告白
できずにずっと友達として付き合っている人もたくさんいるのです。

 

しかし、これからもずっとこのまま何も行動しなければ、想いが伝わることはありません。

 

 

友達から恋人になるには

友達と恋愛関係になるためには、まずは男らしさ・女らしさをアピールすることが重要です。

 

友達として長年付き合っていると、相手を「異性」として見ることが無くなってしまいます。

 

「異性」としてではなく、ただの「友達」として見られている限りは恋愛には発展しません。

 

そこで、相手に自分の男らしさ・女らしさをアピールして、異性として見てもらえるようにするのです。

 

片想いしている相手のタイプを探っていきましょう。

 

友達ならば、色々な話をしたことがあると思います。

 

恋愛の話をしたこともあるかもしれません。

 

もし、相手の好きなタイプや服装などが分かったら、それに近づけるように努力してみましょう。

 

相手をドキッとさせてみてください。

 

自分磨きの力

自分磨きというものにはゴールがありません。

 

磨けば磨くだけ、どんどん素敵になっていきます。

 

磨いた部分はどんどん友達にアピールしていきましょう。

 

最近変わった、どうしたの、と変化に気づいてもらえるまで頑張ってください。

 

自分の変化に気づいてもらうことが、異性として見てもらうための第一歩です。

 

接し方を変える

今まで友達として付き合ってきた二人。

 

このままの付き合い方では、状況は何も変わりません。

 

そこで、自分を磨いたあとは付き合い方を変えていきます。
友達のことを「特別扱い」してみましょう。

 

特別扱いされるというのは誰だって嬉しいことですし、もし異性から特別扱いされたのならば「どうしてだろう?」と意識することに繋がります。

 

特に、自分と相手以外にも大勢の友達がいるところで特別扱いをしてみましょう。

 

本人は特別扱いに気づかないかもしれませんが、周りの人が気づく可能性があります。

 

その友達が「もしかして好きなんじゃない?」とあなたの片想いの相手に言ったならば、相手はあなたを異性として意識し始めるでしょう。

 

 

大勢といるときと二人でいるときは態度を変えてみる

特別扱いとはまた別に、メリハリをつけた行動をしてみるのです。

 

例えば、大勢でいるときはあまり話しかけず、二人になったときにはよく話しかけ、優しく接してみます。

 

すると、相手も態度の変化に気づいてくれるはずです。

 

もしかしたら、大勢でいるときに、二人きりのときのあなたの優しさを恋しく感じるかもしれません。

 

あなたと話したいのに、大勢でいるときは他の人とばかり話している…

 

そうなれば、相手はもっとあなたと二人になりたいと、そう思うでしょう。

 

ただの優しい人、誰にでも同じように優しい人にはならないように注意してください。

 

あなただからこうしている、と自分の気持ちをアピールしていきましょう。

 

 

友達という関係は、異性として、恋愛対象として見られていないことが多いです。

 

相手の恋愛対象として見られないことには何も始まりません。

 

まずはただの友達から「友達以上恋人未満」の関係を目指して頑張りましょう。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧