既婚なのに片想いをしている場合

スポンサーリンク

 

自分は既婚者なのに、他の人に片想いしてしまっているという人は注意してください。
既婚の皆さんの片想いは、シングルのときの片想いとは全く別のものになります。

 

恋人同士だった頃の浮気ともまた意味が異なってきます。

 

既婚状態で片想いをしてしまうというのは、皆さんが今手にしている大切なものを失うことに繋がっているのです。

 

結婚したとき、自分は生涯この人だけと決めた相手がいるはずです。

 

自分の両親や友達、周りの人たちも祝福してくれたと思います。

 

まだ結婚する前、恋人だった頃から思い出はたくさんあるでしょう。

 

二人の間に子どもがいるという家庭も少なくないはずです。

 

皆さんはこれら全てを失う覚悟で別の人に片想いをしていますか?

 

一瞬の気の迷いで、幸せな宝物を全て失ってしまう可能性があるのです。

 

今まで作り上げてきたこれらの宝物が一瞬にして崩れてしまったあとのことを想像できるでしょうか。

 

当然、祝福してくれた周りの人たちから批判の声が飛んでくることもあるでしょう。

 

 

パートナーの想い

長年一緒に過ごしてきたパートナーは、皆さんの変化に気づいているかもしれません。

 

自分ではうまく隠しているつもりでも、気持ちが自分から別の人へと移ってしまったという変化に相手が気づく可能性は十分にあります。

 

気づいていないふりをするのは、相手も自分の家族や思い出を失いたくないからでしょう。

 

既婚なのに片想いをしてしまって辛いという人もいるかもしれません。
しかし、パートナーはそれ以上に辛い思いをしています。

 

一度は愛を誓いあった仲なのですから、また愛情を確かめあうことはできるはずです。

 

もう一度パートナーへの愛情を作り直してください。

 

パートナーと話し合う

黙って裏切っているくらいならば、パートナーとしっかり話し合いましょう。
パートナーから離婚の話が出るかもしれません。

 

お互いにその方が幸せだというのならば、離婚して片想いの相手とくっつくのもひとつの道です。

 

しかし、後悔はしないようにしっかりと考える必要があります。
離婚をすれば、結婚してから今までに作り上げてきた色々なものを全て無くすということになります。

 

 

覚悟と決意をする

子どもがいるのならば、離婚の時に発生する問題はより複雑になるでしょう。

 

離婚して色々なものを失ってしまってから気づいて後悔しては遅いのです。

 

失いたくないものがあるのならば離婚はまだ先送りにして、また幸せな家庭を作り直す努力をしてください。

 

パートナーが離婚したくないというのであれば、夫婦の二人の関係の修復が最優先となります。
相手は自分のことを考えてくれているのですから、皆さんももう少し自分の家庭に目を向けてみましょう。

 

 

話し合う努力をする

パートナーと話し合う際には、お互いの不満もしっかりと話すようにしてください。
他の人に片想いをしてしまったのは、もしかしたらパートナーが冷たく、寂しかったからかもしれません。

 

その場合はパートナーにも非があります。
既婚であるにもかかわらず片想いをしてしまうのは、夫婦関係がうまく行っていないのが理由となる場合が多いです。

 

まずはパートナーと二人で話し合うことで問題点を見つけ出します。
夫婦間に問題があるのならばしっかりと解決しましょう。

 

 

夫婦こそマンネリ解消を

恋人同士だった頃のように、相手のことを考えて行動できているでしょうか。

 

結婚して夫婦になったからと言って、何も気にしなくてもうまく行くなんていうことはありません。

 

マンネリ状態になるのはお互いにとってつまらないことですし、夫婦関係が崩れる危険を多く含んでいます。
まずは皆さんから、マンネリ状態を解消できるような行動をとってみてください。

 

 

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧