不倫の片想いの解決法

スポンサーリンク

 

不倫の片想いもまた、相談しにくい悩みのひとつでしょう。
誰にも話せないという人は多いでしょうし、話したとしても不倫はなかなか理解してもらえないものです。

 

実際に不倫をしている人だって最初は不倫に良いイメージを持っていなかったでしょうが、好きという気持ちは誰にも止められません。

 

 

不倫が進む原因

日本人では結婚をすると夫婦の間に恋愛の感情は薄まっていき、代わりに家族愛が構築されていきます。
子どもが生まれれば、より一層愛する相手は子どもへとシフトしていくでしょう。

 

夫婦の間の愛が薄まっても、家族愛によって繋がっています。

 

外国ではもちろん家族愛もありますが、夫婦間の愛情も消えることはありません。

 

多くの夫婦が、恋人のようなラブラブな関係を結婚後も続けています。
夫婦間の関係が薄まったことで不倫に繋がるのは日本ならではなのです。

 

恋人のような関係がなくなった日本人は、結婚後に物足りなくなって愛情を求めるかもしれません。

 

そのような感情が不倫の片想いをどんどん進ませて行きます。

 

家庭内の問題を探る

不倫の片想いに悩んでいる方は、夫婦の間に問題がないか考えてみてください。
もし不満があったり、愛情が薄れてきていると感じたりするのならば一度二人で話し合う必要があります。

 

家庭内に不満がなくなり、夫婦の関係が良くなれば、不倫の片想いという悩みも解決するかもしれません。

 

実際、不倫の原因の多くは家庭内にあります。

 

家庭内の問題を解決しなければ、もし今の片想いが諦められたとしてもまた同じことを繰り返してしまう可能性があります。

 

きちんと自分の意思表示をし、しっかりと話し合いましょう。

 

 

不倫のリスク

純粋に、自分のパートナー以外の誰かを好きになってしまったという人もいるかもしれません。
しかし、不倫というのは大きなリスクを伴います。
仮に肉体関係がなかったとしても、不倫の事実をパートナーが知れば悲しむことになるでしょう。

 

もし不倫の片想いを叶えたいというのであれば、相当の覚悟が必要です。

 

今のパートナーとは離婚して片想いの相手と繋がるというのもひとつの手ですが、その場合は自分が今までパートナーと築いてきた家庭や思い出を全て失うことになります。

 

離婚すると多くの問題を抱えることになるでしょう。

 

金銭的にも、そして周りから見られる社会的な面でも不利益となってしまいます。

 

自分の子どもにも、もう会えなくなってしまうかもしれません。

 

 

もしあなたがまたパートナーとやり直したい、自分の家庭を崩したくないと考えるのであれば、不倫はやめましょう。

 

肉体関係はもちろん、キスなどの行為もしてはいけません。

 

片想いの相手への気持ちは信頼できる友人に対する気持ちに切り替えてください。

 

好きな相手を友人として見るというのは難しいかもしれませんが、まずはキスなどの恋愛的な行為をやめましょう。

 

一切の連絡を断つというのもひとつの手段

 

メールや電話などの連絡先を消し、会いたいと思ったら相手の嫌いなところや悪いところを考えます。

 

会ってしまうと気持ちが揺らぐので、会わないようにしましょう。
別れは辛いものですが、不倫をやめると決めたのならば強く心を持ってください。

 

しかし不倫の片想いの相手が職場内の人間など関係を切ることができない場合はやはり友人として付き合っていくしかありません。

 

職場内での不倫は周りにバレた場合、あなたにとっても相手にとっても社会的立場が悪くなります。
早めに解決することをオススメします。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧