好きな人、片思い相手へ手紙での告白

スポンサーリンク

 

好きな人に告白しようと思ったとき、どのような方法をとるでしょうか。
できれば会って直接話したいものですが、好きな人の前だとどうしても緊張してしまいます。

 

「今日こそは告白しよう!」と思って会いに行っても、結局いつものような雑談ばかりして大事な本題は言えずに帰ってしまうという人もいるでしょう。

 

そんな人は手紙での告白も考えてみてください。
今回は手紙による告白のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

直接会わなくてもいい

まず、第一にメリットとして挙げられるのはやはり直接言わなくて良いということでしょう。

 

好きな人と会うと緊張して話せなくなるという人でも、手紙ならば落ち着いているときに書けますし、言いたいことも確実に全て伝えることができます。
色々と告白の言葉やフレーズを考えていても、大抵の人は実際に告白することになると頭が真っ白になってしまいます。
言おうと思っていたことが半分も言えずに心残りになってしまう人もいるでしょう。

 

その反面、手紙ならば会って言いにくいこと、言えないこと、でも言いたいことが全て伝わります。
好きな気持ちだけでなく、好きなところや尊敬しているところなども書くことができます。

 

しかし表情が見えない分、会って直接告白したときに比べて本気の気持ちが伝わりにくいというデメリットもあります。

 

もちろん、本気度を伝えることは重要です。
もし手紙で告白するのであれば、きちんと相手に伝わるように文章を考えましょう。

 

 

何度も読み返される

また、手紙は何度も読み返すことができます。
告白の返事はすぐに貰えませんが、その分ゆっくりと真剣に考えてもらう時間ができます。

 

その場のノリでOKしたり、まだ考えられないから断ったりなどということは起こらないでしょう。

 

相手は自分の答えを決めるまで、何度も手紙を読み返しながら考えることができます。
ゆっくりと考えて欲しいのならば、手紙での告白が向いています。

 

ですが、返事をするまでに時間を与えることで放置されてしまう危険性もあります。

 

この場合、催促もなかなかしにくいものです。
もし不安ならば、1週間後までに、などと期限を決めてもよいかもしれませんね。

 

放置されないためには、本気であることを伝えなければなりません。
ノートの切れ端に書いた手紙ではなく、きちんとした便箋にキレイな字でしっかりと想いを綴りましょう。

 

本気だと思われなければ、当然返事をする気にはなれません。

 

普段からよく話すのならば、長文になっても良いでしょう。
伝えたいことを全部書いてみてください。

 

あまり話さない関係の場合はイキナリ告白して付き合って欲しいと言うよりも、まずは友達からといったように書きましょう。

 

この場合は長文だと引かれる可能性もありますから、短文の方が好ましいです。

 

 

相手のタイプに合わせた告白

もちろん、告白への考え方は人それぞれです。
当然、手紙での告白をよく思わない人もいるでしょう。

 

「大事なことは会って直接話して欲しい」という人もいれば、「告白は電話・メールでも良いけど長文の手紙には引く」という人もいます。

 

後者の場合は、メールのときのような短文で書きましょう。
告白は直接派の人には、直接の告白が良いということになります。
相手のタイプを見極めることも重要です。

 

 

手紙での告白にはメリットもデメリットもありますが、人によっては手紙での告白が向いているということもあるでしょう。

 

特に最近はインターネットやSNS、メールなどが発達していることから、手紙のやり取りは減ってきています。

 

ラブレターでなくても手書きの手紙を貰えると嬉しいですよね。
きっと相手の印象にも残るはずです。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧