遠距離片想いを成功させる

スポンサーリンク

 

皆さんの中に、「遠距離片想い」をしたことのある人はいるでしょうか。
ずっと好きだったのに、想いを伝えられないまま離れてしまった…

 

SNSで交流し始めて好きになったけれど、住んでいる場所が遠い…

 

そんな「遠距離片想い」は、珍しいことではありません。

 

 

「遠距離の恋愛なんて、付き合っていても難しいのに片想いだなんて無理に決まっている」なんて思い込んではいけません。

 

まだ諦めるには早すぎます。

 

遠距離のあの人と結ばれたい場合、成功するためのポイントを見ていきましょう。

 

 

 

距離は連絡で埋めれる

さて、遠距離で会うのが難しいとなると、鍵となってくるのは日々の連絡です。

 

これは片想いの相手によって連絡頻度などを変える必要があります。

 

例えば、面倒くさがりの人に片想いをしている場合は、毎日連絡をしてはいけません。

 

毎日連絡が来ると返信が面倒だと思わせてしまうからです。

 

想いを伝える前に「この人は面倒な人だ」「しつこい人だ」と思われては、成功の確率は低くなってしまいます。

 

また、このようなタイプの人はメールの返信を後回しにしたり、その結果返信することを忘れてしまったりします。

 

あなたのことを嫌ってのことではありませんので、もし返事が来ないからと言って落ち込む必要はありません。

 

逆に、マメな人に片想いをしている人は毎日連絡をしても良いでしょう。

 

毎日メールを送ってきていた相手から、ある日パタッと連絡がなくなってしまったら、気になるものです。

 

駆け引きをうまくやっていきましょう。

 

 

考えは素直に伝える

また、この連絡の際には素直な気持ちを出していくことも忘れないでください。

 

会えない遠距離で二人を繋ぐものは、この日々の連絡だけなのです。

 

会えなくて寂しいことや、会いたいと思っていることを、相手に素直に伝えましょう。

 

恥ずかしいかもしれませんが、直接会って気持ちを伝えることのできない相手には、これくらいのメールを送らないと伝わらないのです。

 

 

もしかしたら相手は、遠距離は無理だと思っているかもしれません。

 

遠距離であるがために、最初からあなたのことを恋愛対象から外していることも考えられるのです。

 

そこであなたまで「遠距離なんて無理だ」と思ってしまえば、そこでこの恋は終了なのです。

 

むしろ恋が始まる前に消えてしまうでしょう。

 

素直な気持ちを伝えることで、恋愛に距離なんて関係ないのだということを相手に感じさせましょう。

 

 

会えるチャンスを逃がさない

また、会えるときがあったら積極的に会いに行きましょう。

 

休みの日がかぶったりしたときは、躊躇せずに相手に会いたいと言いましょう。

 

そして自分から会いに行くのです。

 

 

逆の立場で考えて、こんなに遠いのに時間もお金も会いに来てくれるというのはプラスの評価になります。

 

それだけあなたのことが好きです、というのを伝えることができます。

 

連絡しかしないのに比べて、本気度もずっと伝わりやすいでしょう。

 

 

コミュニケーションが要

遠距離では、自分の好きだという気持ちをアピールしていくのが重要です。

 

メールでは気持ちがバレて欲しくない、自分の気持ちは直接伝えたい、と思うかもしれませんが、遠距離である以上はきちんとコミュニケーションをとらないとそこでプッツリと途絶えてしまうのです。

 

日々の連絡の中で自分の気持ちを伝えていって、会えたときに改めて告白という形を取ればよいのです。

 

 

遠距離で付き合っていくのは確かに難しいというイメージがあります。

 

しかし、自分の時間をしっかり確保することができますし、何より会えたときの喜びや幸せは一層高くなるでしょう。

 

まずはあなたの「遠距離だから…」という考え、言い訳は捨てるべきです。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧