好きな人、片思い相手の電話

スポンサーリンク

誰もが携帯電話を持っている時代ですが、片想いの相手と連絡する手段はほとんどの人の場合メールが主となっているのではないでしょうか。

 

いつもメールで話していても、盛り上がってくると電話でも話したいと思うようになりますよね。

 

電話をできるくらいになれば、二人の距離もかなり縮まります。

 

それに、デートのお誘いや大事な話はメールより電話の方が気持ちも伝わりやすいです。

 

 

しかし、初めて電話をするときは勇気がいりますよね。

 

10代や20代には電話が苦手だという人たちも多いでしょう。

 

そう言った場合は電話したいと思ってもなかなか踏み出すことができません。

 

 

もし自分が電話好きでも、片想いの相手のことも気になると思います。

 

相手が電話嫌いな人だったら、あまり会話も続かなくなるかもしれません。

 

電話をしたいと思ったら、実際に電話をかける前に相手に聞いてみましょう。

 

電話をかけても相手が出なかった場合、相手には不在着信だけが残ります。

 

かけた側としても、「本当に出られなかったのかな?電話が嫌で出なかったのかな?」と不安になってしまうかもしれませんよね。

 

「また出てくれなかったらどうしよう」と、これから先も電話をするのが難しくなってしまいます。

 

相手に電話が苦手かどうか、かけても良いかどうか聞いておいたほうが良いでしょう。

 

 

軽い用事だけ話す

最初に電話するときは、あまり長く話さない方がよいかもしれません。
雑談や何でもないような会話はあまり期待しないでください。
まずは用事のあるときだけ電話をしましょう。

 

理由があった方が相手も納得するでしょうし、あなたにとっても電話をかけやすいはずです。

 

最初は急用があって電話した、と言って、用件が済んだら「ありがとう」と言ってすぐに切ります。

 

その日はメールもしないでおきましょう。
あくまでも「メールができない状況だったからメールをした」ということにしておきます。

 

雑談やたわいもない話をするのは相手が電話に慣れてからが良いでしょう。
メールで済むような用件でも、徐々に電話できるようにしていってください。

 

 

ちょっと長めに電話してみる

何度か電話して慣れてきたら、少し長電話をしても良いかもしれません。
お互いの時間があるときに、電話してみましょう。
ですが、電話は会って話すときと比べると誰もが少しは緊張するものです。

 

メールなどで良いので、今から電話をしてもよいか聞いてみた方が相手も心の準備ができます。

 

電話が繋がったら、いつも通り会って話すときのように自然な会話をしてみましょう。

 

もちろん、楽しい話題が好ましいです。

 

日々の愚痴や誰かの悪口などを話すのは相手にとっても楽しくはないでしょう。

 

あなたとの電話が悪いイメージになってしまうかもしれません。

 

共通の話題や趣味など、話していて楽しい話題を探してください。

 

相手について知りたいことがあるのなら、質問してみてもよいでしょう。

 

ただし、プライベートな部分に入りすぎるのはまだNGです。

 

相手から話題を振ってきてくれたらきちんと相槌を打つことも忘れないでください。

 

 

会話が途絶えたら

電話は沈黙が怖いと思うかもしれません。
もし話すネタが尽きて、沈黙の間ができそうだと思ったらそこで電話をやめるというのも手でしょう。

 

顔が見えないのが不安かもしれませんが、相手の目を見て話さなくて済む分、慣れればリラックスして話すことができます。

 

初めのうちは長電話する必要はありません。
お互いに少しずつ慣れていきましょう。

 

もし沈黙の間ができず、話題がどんどん出てきて話が尽きないというのであればかなり気の合う相手でしょう。

 

これから何度も電話できるかもしれませんね。
積極的にアプローチしていきましょう。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧