好きな人、片思い相手へのバレンタインデーの告白チョコ

スポンサーリンク

 

告白といえば一般的には男性からすることが多いですが、自分から想いを伝えたいと思っている女性も数多くいるでしょう。

 

そんな女性が一年で最も告白しやすい日というのが、バレンタインデーです。

 

普段はなかなか言えずにいたけれど、バレンタインデーをキッカケに気持ちを伝えようと思っている人は多いのではないでしょうか。

 

バレンタインデーには女性から男性へとチョコを渡すことが一般的ですが、これから告白しようという人は特に手作りチョコにするか市販のチョコにするかで悩むのではないでしょうか。
今回は手作りチョコと市販のチョコの違いについて見ていきましょう。

 

手作りチョコをあげるポイント

まず、手作りチョコを渡すメリットとしては、気持ちが伝わりやすいことが挙げられます。

 

やはり心を込めて作ったチョコは市販のチョコに比べて本命であることが相手に伝わりやすいでしょう。

 

告白をしようと考えていても、いざその時になると言いたいことが全て言えない人も多いです。

 

そんな時に気持ちを伝える手助けをしてくれるのが手作りチョコです。

 

また、男性は好きな女性からは手作りのチョコをもらいたいと思っています。

 

もし相手もあなたのことが好きなのだとしたら、手作りチョコを渡すと喜んでくれるでしょう。

 

告白が成功しそうならば、是非手作りチョコにチャレンジしてみてください。

 

逆に、告白はうまくいきそうにない、ダメ元で告白するという場合や、あまり話したことがない相手に告白する場合は市販のチョコの方がよいかもしれません。

 

好きでもない女性が作ったチョコはあまり食べる気が起こらないという人もいますし、手作りというのは気持ちが重たいと感じてしまいます。

 

あなたに好意を持っていない男性は引いてしまう可能性があります。

 

手作りチョコにするのは「告白が成功しそうな場合」、もしくは「ダメかもしれないが、友達としては仲が良い場合」が良いでしょう。

 

仲が良くない場合は市販のチョコにしておきましょう。

 

市販のチョコのメリット

反対に、市販のチョコのメリットは重いと思われないことです。
手作りチョコに比べれば、気軽に渡すことができます。
そして市販のチョコは味が保証されています。
自分にとっても相手にとっても味は安心できる点でしょう。

 

お菓子を作るのが苦手だという人も、手作りチョコではなくどこかで買ってきたものを渡した方が良いかもしれません。

 

本命であっても、必ず手作りをしないといけないということはありません。

 

手作りのチョコは気が進まないという場合は、市販の美味しいチョコを渡しましょう。

 

 

ただし、デメリットとしては気持ちが伝わりにくいということが挙げられます。

 

鈍い男性であれば、市販のチョコを貰った時点で義理チョコだと判断してしまうかもしれません。

 

本命だと分かってもらうためには自分の言葉でしっかり説明する必要があります。

 

義理チョコではないということ、好きな気持ちをきちんと言葉で伝えましょう。

 

市販のチョコでも義理チョコではないと分かって貰うために、ラッピングに凝るというのもひとつの手かもしれませんね。

 

簡単な手紙を添えても良いでしょう。

 

どちらを送る?

手作りのチョコを贈るか、市販のチョコを贈るかはバレンタインデー前の女性にとっては悩ましいことです。

 

もし今までに色々とアプローチをしてきて、相手が自分の気持ちに気づいているのであれば、手作りチョコにしましょう。

 

今までは気持ちを隠してきたという場合や、相手が全く気づいていなさそうならば、重く取られないように市販のチョコを選んだほうが良いかもしれません。

 

どちらにしても、一番大事なのは気持ちです。
自分の気持ちをしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧