片想いのときの嫉妬

スポンサーリンク

片想いの相手が誰か自分以外の人と仲良くしているのを見たら、どう思うでしょうか。
私も仲良くしたいのに、と嫉妬してしまいますよね。

 

片想いなのに嫉妬するなんて…と思うかもしれませんが、好きな気持ちがあるのならば嫉妬が生まれるのは当然のことです。
もし片想いなのに嫉妬してしまったとき、どのように対処したらよいのでしょうか。

 

 

まず、片想いの相手の周りの人たちに嫉妬したとき、すぐに自分の顔を見てみてください。

 

嫉妬した自分はどんな顔をしているでしょうか。

 

嫉妬をしているとき、どんなに隠しているつもりでも無意識に顔に出てしまっているでしょう。

 

嫉妬で怖い顔をしている自分のところに、好きな人が来てくれるでしょうか?

 

もし嫉妬をしてしまったら、その気持ちを消すのは無理でも表情に出さないように気をつけてみましょう。
笑顔を作る練習をします。

 

そして、嫉妬の原因を考えてみます。
片想いの相手が、自分以外の人と仲良くしていたからですよね。
ではなぜ、その人と仲良くしていたのでしょうか?
その人に魅力的なポイントがあるはずです。

 

自分とその人とを比較して、周りの人の魅力的なポイントを探してみましょう。
もし真似できそうなことなら真似してみてください。

 

 

嫉妬したら、記録しておきましょう

脳内に記憶しておくのではなく、紙やノートに書き出しておきます。
嫉妬してしまったとき、きっと冷静な状態ではいられないはずです。

 

頭の中は嫉妬の気持ちでいっぱいになり、いらいらしています。
爆発しそうなその気持ちを、文字にして書き出してみてください。

 

どこかに出すことで、脳内の容量を減らし、頭の中を少し楽にすることができます。

 

もちろん、友人に相談するなどの方法もありますが、冷静でない状態で誰かに相談すると、あまりよくない言葉まで口に出してしまいがちです。

 

まずは誰にも見られないところに書き出して、整理してみましょう。

 

後日、嫉妬をせず楽しく過ごせた日があったらそのノートを読み返して見てください。

 

冷静でいられなかった状態が見て分かるはずです。
この状態を表に出していたら、と考えると、少し我慢してみようと思うのではないでしょうか。

 

 

 

片想いをし始めたとき、皆さんはとにかくドキドキしていたと思います。

 

「ただ話せるだけでいい」と思っていたかもしれませんし、ただ一目見ることができただけで一日中幸せになっていたかもしれません。

 

しかし、好きな気持ちが大きくなっていくと、それがだんだん「あの人を自分のものにしたい」「付き合いたい」と思うようになります。

 

これが嫉妬の原因です。

 

片想いの気持ちが、「両想いになりたい」という気持ちに変わってきたら、告白を考えましょう。

 

いつまでも嫉妬していても進展はしません。
自分もどんどん辛くなっていくでしょう。
嫉妬で辛いと感じたら、行動していってください。

 

 

嫉妬をしている人は、周りから見ればあまり好印象ではありません。

 

人によっては怖いと思ってしまうでしょう。
そんな嫉妬で荒れている人に、自分から寄ってくる人はいるでしょうか。

 

嫉妬をしても良いことはないのです。

 

嫉妬の心を前向きに変えてみたり、それが無理ならば他のことで気をそらしたりしてみても良いでしょう。

 

嫉妬の心も辛いでしょうが、「片想いなのに嫉妬してしまった」と嫉妬した自分に対しても嫌な気分になってしまいます。

 

それでは全てのことがマイナス方向に働いてしまいます。
まずは自分自身をプラスの方向に変えて、明るく振る舞えるように努力しましょう。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧