部下に片想いしている場合

スポンサーリンク

 

職場恋愛をしているという人の中には、部下に片想いをしているという人もいるでしょう。
今後も一緒に仕事をすることを考えると、告白して失敗するというのは避けたいもの。
気まずくなって仕事がしにくくなるかもしれません。
普段通りにしようとしても、元々がそんなに仲良くない状態だと無意識にお互いを避けてしまうこともあるでしょう。

 

告白は慎重に

告白の後も上司と部下として良い関係でいるためには、自分の告白が成功するかどうか見極めることが大切です。

 

成功の見込みがなく、失敗しそうならば想いを伝えるのはもう少し先がよいでしょう。

 

少しずつアプローチしていって、成功するだろうと思うくらい仲良くなってからの告白が望ましいです。

 

それくらいに仲良くなっていれば、もし告白が失敗だとしても仕事場で気まずくならずに済むかもしれません。

 

では、片想いの部下と、どうすれば仲良くなることができるでしょうか。

 

時期に注意する

アプローチするにしろ、告白するにしろ、まずは部下の現在の状況を考える必要があります。

 

上司ならば、部下の状況やスケジュールはある程度分かるはずです。

 

仕事におわれ、出張や研修など忙しい時期ではないでしょうか?
また、慣れない新しい仕事を始めたばかりではないでしょうか?

 

このような時期に告白しても、成功率は低いと考えられます。

 

部下にとっては仕事を第一に考えたい時期かもしれません。
そのような時期には恋愛のことは考えられないという人も多いでしょう。
下心が見えるようなアプローチも、この時期にしてしまうと鬱陶しいと思われて嫌われてしまうかもしれません。

 

恋愛に関することは、忙しい時期を避けた方が無難です。
まずは早く仕事が終わったときに食事に誘うなど自然なアプローチから始めましょう。

 

 

複数から徐々に二人っきりに

また、一人の部下だけを優遇したり、他の部下を差別したりするのはやめましょう。

 

一人だけ上司に好かれる、ということは、部下達にとってあまり好ましいことではありません。

 

仲間割れなどの原因にもなり、そのせいで片想いの相手である部下に嫌われることも考えられます。

 

食事に誘いたい場合も、初めは複数を誘ったほうが良いかもしれません。

 

最初の数回は二人きりは避け、仲良くなってきたら二人きりでの食事に誘ってみましょう。

 

ただし、他の部下に内緒にしてほしいなどと、下心の見えるような発言は控えてください。

 

もちろん他の人たちに二人きりで食事へ行ったとわざわざ言う必要はありませんが、初めのうちはあくまでも上司と部下として食事をするようにします。

 

会社内でちょうど二人きりになれた場合や同じ時間に帰ることになった場合はチャンスだと思って積極的に誘ってみてください。

 

たまたま二人になった、という状況が良いでしょう。

 

二人になれたとき、話の中で好きなタイプや恋人の有無などを自然に聞くことができれば、告白の失敗する可能性を下げることができます。

 

 

告白

仲良くなって、もうそろそろ良いかな、脈アリかな、と思ったら告白です。
しかし、年下の人たちにとって、上司や先輩からの告白は断りにくいものです。

 

上司だから断れない、好きではないけど仕方なく付き合う、という状況にはならないように配慮してください。

 

お互いが好きになれなければ意味がありません。

 

もし付き合えなくても、明日からも普段通り接するつもりだということや、仕事で嫌なことをしたりはしないなどということを言い、断っても大丈夫だということをしっかり伝えましょう。

 

そうすれば、部下の本当の素直な気持ちが聞けるはずです。

スポンサーリンク

片思いを叶える方法があるんです!

片思いを叶えたい人必見!!

片思い占いで片思いを叶えた人が続出した訳とは!?

片思い占いを知らない人は、片思い占いがどんなものなのか確認してください^^

片思い占いで片思い成就

 

片思い体験談

関連記事一覧